高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

公開日: 更新日:

 1000円近い食パンが一時は行列に並ばないと購入できない状態が続き、高級食パンブームを牽引したのが、2013年創業の「乃が美」。高級「生」食パンを謳い、人気を集めていた乃が美に、不穏な空気が流れているという。

 12月1日配信の文春オンラインによると、全国約230店舗の大半を占める「はなれ」と呼ばれるフランチャイズ(FC)店のオーナーの一部から、コロナ禍で売り上げが減少する中、売り上げの10%を支払う契約のロイヤリティの減額を求めた要望書が提出されていたという。

「FCオーナー側の訴えは、売り上げ減によるロイヤリティの減額だけでなく、業界水準からすると、著しく高い売り上げ水準を維持しないと利益が出ない構造になっているというものでした。最近ではブームが落ち着き、店舗の閉店が相次いでいました」(経済誌記者) 

 乃が美は18年に、全国100店舗出店を達成、売上高100億円を突破。19年には、秋田県への進出で47都道府県すべてに出店が完了。しかし、乃が美のほかにも「銀座に志かわ」、「嵜本」などの参入が続き、高級食パンは一大ブームが起こったが、競争は激化。コロナ禍もあり、18~19年あたりが乃が美のピークと言われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実