小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ダイハツ版SUV風スーパーハイト軽ついに登場! 新型タントファンクロスはどこが凄い?

公開日: 更新日:

ダイハツ タントファンクロス(車両価格:\1,721,500/税込み~)

 ご存知コンパクトカーメーカーとして日々凌ぎを削るダイハツとスズキ。新たな骨肉の争い誕生か? ってなニューモデルが登場した。本格マイチェンと同時に追加されたダイハツ タントの新型ファンクロスだ。

 今や日本で一番売れる軽スーパーハイトワゴンクラス。全高1.7m強で両側スライドドアを持つ超便利なファミリー向け軽だが、王者N-BOXはもちろん、元祖タントでも参入してないジャンルがあった。そう、スズキの2代目スペーシアに4年前に追加されたスペーシアギアだ。

 ボディ骨格には手を付けてないものの、SUVライクな丸目ヘッドライトや前後プロテクター風バンパー、太いルーフレールが付いたワイルドな“SUV風”ハイトワゴン”。水や汚れに強いシートもあり着実にファン層を伸ばし、スペーシアシリーズ躍進の原動力になっていた。

スペーシアギアにワイルドさで対抗

 一方、4代目になりイマイチ販売が奮わないタント。大幅改良と同時に遂にガチ対抗のファンクロスを追加したのだ。

 最大のキモたる外装だが横長LEDヘッドライトは基本標準ボディと一緒。だが前後にビキニのように張り巡らされたブラックのバンパーや大型ルーフレールの装飾はエグイ。シルバー加飾も加わり、可愛さの残るスペーシアギアに対して、ワイルドさで対抗している。

 さらにファンクロスは660ccのノンターボとターボが選べるが、タイヤはターボのみワンサイズ幅広くてホイール径もデカい165/55R15サイズを使用。ボクシーな6本スポークアルミと相まって足元は力強い。このあたりはノンターボとターボでタイヤが変わらないスペーシアギアより一枚上手だ。

内装はスペーシアギアを一歩リード

 かたや内装はライバル同様に撥水加工されたシート表皮や防水加工されたシート背面を使用。ただしインパネのオレンジ加飾が効いているし、デジタルモザイク柄のシート表皮もポップ。座り心地を含め、スペーシアギアを一歩リードしている。

 リアシートは今回のマイチェンでタント全シリーズが改良。ラゲッジ側からスライド操作ができるようになる一方、折り畳み方式が変わりシートバックを倒すと段差が残るようになった。この当たりは一長一短だが前のが良かった部分もある。

 なにより使い勝手の部分では相変わらずタント独自の助手席側ミラクルオープンドアが凄い。センターピラーがない分開口部が広く、お母さんが小さい子供を乗せたりする時は絶対的にラクだ。

ステアリングフィールのキレ味もライバル超え

 最後に今回改めて感心したのが走り味。

 3年前のマイチェン前からなのだがダイハツ肝いり骨格の新世代DNGAプラットフォーム採用。ボディ剛性の高さからくるしっかり感や乗り心地の良さ、ステアリングフィールのキレ味はズバリライバル超え。

 見た目のワイルド感もなかなかだが好き好きもあり、実は走りの質感の方が確実にライバルを超えつつあるかもしれない。

 今後激しいガチバトルになるのはほぼ確実だ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実