ブーム終焉?「暗号資産」は“冬の時代”に突入か 3つの暴落原因と今後の見通しを徹底解説

公開日: 更新日:

 昨年まで高騰していた暗号資産(仮想通貨)は今年に入り暴落。上昇する気配がない。11月には代表的な暗号資産であるビットコインはさらに25%下げ。いよいよ“冬の時代”到来なのか。暴落の要因を振り返り、見通しを探る。

 ◇  ◇  ◇

 昨年末には9000種類以上ともいわれる暗号資産の時価総額は2.8兆ドル規模だったが、11月現在、8000億ドルを切っている。ボラティリティー(価格変動幅)が大きい金融資産とはいえ昨年比で3分の1以下になってしまった。レバレッジ取引をして破綻した投資家や塩漬けにしている投資家も少なくないだろう。まずは1年間の暴落原因を見てみよう。

【表注】
◇昨年90ドルあったテラ(LUNA)はピーク時には116ドルだったが、現在は1.7ドル程度と90%以上の下落。
◇ドージコインはイーロン・マスクが最大保有主だといわれている。イーロンや家族の誕生日の前日に買われて値上がりするとも。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実