小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ホンダ シビック TYPE Rにサーキットで乗った 500万円は激安!こんな凄い日本車ある?

公開日: 更新日:

ホンダ シビック TYPE R(車両価格:\4,997,300税込み~)

 いま日本が世界に誇れる新車は? と聞かれると、ちと迷う。かつては燃費世界一のトヨタ・プリウスなどで魅力はまだ落ちてないが、正直いま世界でウケるのはバッテリーEVの方だ。

 しかしコイツがあったか! そう思わされたのが先日やっとサーキットで乗れた新型ホンダ・シビックタイプRだ。去年登場の11代目シビックに追加された激速仕様でお値段なんと499万7300円!

 え? いくら速いとはいえ、大衆ハッチバックにその値段は高いと思う人もいるだろう。しかし違うのだ。中身を考えるとトンデモなく安い。タイプRは、単にシビックにハイパワーエンジンを載せた仕様じゃない。エンジン、ボディ、足回り、シフト、タイヤ、シート、内装、インフォテイメントとすべてがスペシャルでレベルも超高い。ある意味市販レーシングマシンと言っても良く、海外ブランドだったら平気で600〜700万円する。事実世界最速のFFコンパクトで、キャラクターが近いルノーメガーヌRSトロフィーRは安くて689万円。タイムアタック用カーボンセラミックパックなら900万円以上する。

扱いやすさは、むしろ増していた

 今回筆者が熊本オートポリスで試した新型タイプRは改良版専用2ℓターボを搭載。スペックは凄く、ピークパワー&トルクが330ps&420Nmとレーシングカー並みなうえ、ターボタービンの小型化などもなされて扱いやすさが増している。

 さらに凄いのは、フロントの専用デュアルアクシスストラットサスペンション。通常1パーツであるストラットがナックルとダンパーフォークに二分割され、コーナリング中に常にタイヤを路面にピタリ接地させることができる。しかもここだけ工場の別ラインで職人が手組している。

 タイヤも当然専用19インチホイールと組み合わされるハイグリップタイプでシフトも熟成された6MT。ボディも凄くて一部骨組みに高剛性の北米用パーツを使い、ノーマルより9センチも広いワイドフェンダーを装着。シートも当然本格的な専用バケットタイプだ。

タイプR専用スマホアプリもある!

 走って驚くのは、扱いやすさと信じられない速さとグリップ力。クラッチはノーマル+2割程度の重さで毎日使えるレベルだし、発進からレーシングカー並みに速くて、なによりステアリングフィールが凄い。

 専用タイヤと専用サスにより、感覚的にはフロントタイヤが路面にのめり込むようなグリップ感。どんなコーナーでも狙ったラインを外さない。

 これなら過酷で知られたドイツのニュルブルクリンク北コースでラップタイム7分40秒切りを目指せるのも肯ける。早晩、現在量産FF車でトップのメガーヌRSトロフィーRを抜いてしまうかもしれない。

 オマケにスキがないのがタイプR専用スマホアプリの存在で、なんと走行中に繋げばサーキットのラップタイムやベストな走り方まで教えてくれる。

 これぞサラリーマンでもギリギリ手が届きそうな規格外大衆スポーツ。確かに500万円は高い。しかし中身を考えると全然高くないどころか激安なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈