真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

M&Aキャピタルパートナーズ(下)ライバルとは異なる方法で狙う業界トップの座

公開日: 更新日:

「日本一給料の高い会社」に8年連続で輝くM&Aキャピタルパートナーズ(以下キャピタル)は、中堅・中小企業のM&A仲介をするため、元積水ハウス営業マンだった中村悟氏が、2005年に創業した。給料ランキングで初めてトップに立ったのは12年度のことだから、設立わずか7年で栄冠を手にしたことになる。

 前回(15日発行号)書いたように、それを支えているのが、自社で売り手企業を探す営業力だ。M&A業界の先行ランナーである日本M&Aセンター(以下センター)は、全国の会計事務所や金融機関を通じて売り情報を集めているが、その分、紹介料を支払わなければならない。

 一方、キャピタルは成功報酬をすべて受け取ることができ、それを社員に還元することで高い給料を実現している。

 ただし自力で売り手情報を探すのは簡単なことではない。企業経営者にとって自分の会社はわが子のようなもの。手放すにあたっては信頼できる仲介会社に買い手を探してほしいと考えるのは当然だ。聞いたこともない会社から電話がかかってきて「会社を売る気はありませんか」と言われても、詐欺だと考えて電話を切ってもおかしくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  2. 2
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

  5. 5
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  1. 6
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 7
    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

  3. 8
    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

  4. 9
    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

  5. 10
    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声

    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声