有森隆
著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

オーケー(上)念願の関西初進出の東大阪は激戦区 先発組にとって大きな脅威に

公開日: 更新日:

 神奈川県が地盤のディスカウントスーパー、オーケー(横浜市、非上場)は「2024年前半をめどに大阪府東大阪市に出店する」と発表した。関西スーパーマーケットの買収のために用意していた700億円が、関西初進出の原資となる。

 東大阪市が所有する土地を入札で競り落とした。落札額は27億円で、3600平方メートルの敷地を確保した。子会社のオーケー店舗保有(横浜市)が東大阪市から、11月中旬に土地の引き渡しを受ける。関西地区の旗艦店とする方針だ。

■H2Oグループとガチンコ勝負

 21年、関西スーパーマーケット(東証スタンダード上場、現・関西フードマーケット)の買収を巡って、阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O、東証プライム上場)と争奪戦を繰り広げた。臨時株主総会や統合手続きの差し止めの仮処分を求めて法廷闘争に持ち込まれるなど、意地と意地がぶつかり合う激しいものとなった。

 最高裁は21年12月、オーケーの抗告を棄却する決定を下した。これによりH2O傘下のイズミヤ(大阪府)、阪急オアシス(同)と関西スーパーの経営統合が認められ、3社を傘下にもつ持ち株会社、関西フードマーケットが誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈