人気の生クリームパン会社を子会社化 「ブラックモンブラン」の竹下製菓がパン業界進出のワケ

公開日: 更新日:

 冷凍してもふわふわの食感は損なわず、“3秒に1個売れる”人気商品となった生クリームパン。今年1月、製造販売元の「清水屋食品」(岡山県岡山市)を完全子会社化したのが、九州の“ソウルアイス”「ブラックモンブラン」で知られる竹下製菓(佐賀県小城市)。

 1959年創業の清水屋食品は、70年代にロバが荷台を引いてパンを売る“ロバのパン屋”として人気に。3代目が社長に就任した98年以降、経営難に陥ったこともあったが、10年に販売開始した「生クリームパン」が大ヒット。21年には年商10億円の県内有数のパンメーカーに。

 一方、竹下製菓は20年10月、同業のスカイフーズ(埼玉県幸手市)を完全子会社化。結果として関東進出の足がかりとなったが、自然災害時などに備えて生産拠点の分散を目的とした、BCP(事業継続計画)を念頭に置いたものだった。

 パン業界参入の理由を、竹下製菓5代目社長の竹下真由氏に聞いた。

「お母さんからバトンを引き継いだ3代目は創業者の娘さんで、3人のお子さんが入社もされていましたが、いいときばかりではない事業の大変さを実感されていたためか、後を継がないと決められていたようでした。事業継承先を探していたところ、縁あって引き継がせていただくことになりました」(竹下社長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問