小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

新型日産エクストレイルは、もしかして国産ミドルサイズSUVの総合力ではNo.1?

公開日: 更新日:

日産エクストレイル(車両価格:\3,198,800/税込み~)

 9年ぶり一新の日産エクストレイルが侮れない。2000年に初代登場、今回で4代目となる定番ミッドサイズSUVだが、コイツが再び国内マーケットの中心になるかもしれないのだ。なぜならボディサイズ、価格、リッチ感、走り、電動感と、総合力が予想以上に高かったからだ。

 ここ数年の国産SUV市場は全般的にトヨタが強く、ミッドサイズでは2~3年前に出た全長4.6m台のRAV4、4.7m台のハリアーの人気が高い。確かに価格300万円以下スタートで、広さと質感は十分。オマケにトヨタ自慢のハイブリッドまで選べるから強力だ。システム出力200ps台でモード燃費はリッター20km超え。総合力ではなかなか追随を許さなかった。

 しかし新型エクストレイルは侮れない。先代3代目がグローバル化でかつてのタフギアっぽいデザインから離れ、ディーゼルエンジンも失っていたのに対し、デザイン、骨格から一新。同時に日産独自のハイブリッドをさらに研ぎすませて全面搭載しているからだ。

e-POWERの電動感とスムーズさは競合超え

 箱っぽさを取り戻した外観、上級グレードの人工皮革シートの質の高さもさることながら、最大のキモは独自の新世代シリーズハイブリッド、e-POWER。トヨタ方式と違い、エンジンを完全に発電用として使い、駆動はフロントモーター、もしくは前後モーターで行うため、電動感とスムーズさは競合を超える。 

 その一方、これまで燃費はそれほどでもなく、コンパクトカーぐらいしか載せられないという話もあった。

 しかし新型エクストレイルは独自開発の可変圧縮比ターボエンジン搭載。クランク側にリンクを噛ませて燃焼室の圧縮比を可変させる非常に画期的なもので、コイツが新作1.5ℓVC(ヴァリアブル・コンプレッション)ターボなのだがパワー、燃費ともに予想以上。

驚くべきスペースユーティリティ性

 実際に乗って驚いたが、まず加速と電動感が凄い。FFがフロント204ps、e-4ORCEと呼ぶ4WDが前後合わせて340psの高出力だから出足から速い速い! 特に後者はトヨタハイブリッド以上の加速力で、オマケにe-POWER独自の出足チューニングが効いている。

 アクセルをパッと踏んだ瞬間、絶妙に飛び出し、車重1.8トン前後で全長4.6mのそれなりのボディなのに軽ささえ感じる。同時にモード燃費はFFがリッター19km台、e-4ORCEがリッター18km台。トヨタハイブリッドには負けるが、これだけの加速力と電動感と静かさがあれば十分だ。

 スペースユーティリティも高く、同クラスでは短めのボディながら身長176cmの筆者が前後にゆったり座れ、オマケにリアシートはロングスライド機構付きだから、前にすると575ℓの巨大ラゲッジが出てくる。スキー、スノボはもちろん、ゴルフバッグも4つ収入可能で用途は広い。

 キャンプから各種アクティビティから都会のホテルまで、それなりに似合うはずだ。

 さらなるキモはコスパでほぼ320万円スタートで、中級グレードのe-4ORCEでも400万円切り。燃費優先ならトヨタだが、電動感を含めてお買得なのは新型エクストレイルかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問