真保紀一郎
著者のコラム一覧
真保紀一郎経済ジャーナリスト

ディップ(下)コロナ禍でも貫いた「ユーザーファースト」で業界トップを狙う

公開日: 更新日:

 アルバイト紹介サイト「バイトル」を運営するディップ(dip)。昨年からは「バイトの時給を上げよう」というキャンペーンを始め、それにより、アルバイト求職者の支持を高めている。

 コロナ禍により、ディップの業績も一時落ち込んだが、ここにきて急回復し、それ以上にシェアを伸ばしている。その要因のひとつが、時給アップキャンペーンのように、求人広告を出す企業よりも、求職者側の立ち場に立ったサイト運営を行っているためだ。

 ディップ創業者で社長の冨田英揮氏によれば「ユーザーファーストを徹底した結果」だという。その背景にはディップのフィロソフィーがある。

 企業経営にフィロソフィーを持ち込んだというと、先日亡くなった京セラ創業者の稲盛和夫氏が有名だ。「無私、利他」など、人間として正しいかどうかを判断基準に置く経営により、稲盛氏は京セラを一代にして世界的セラミックメーカーに育て、KDDIにより通信自由化の幕を開け、経営破綻したJALの再生に成功する。

 冨田氏も稲盛氏同様、経営にフィロソフィーを持ち込んだ。そのフィロソフィーの根底にあるのが、冨田氏の言う「ユーザーファースト」という考え方だ。ユーザーとは求職者のことで、ディップの社員は常にクライアントである求人企業より求職者を優先することを求められる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?