信越化学工業×三井化学 原料の輸入価格が高騰する大手化学メーカーを比較

公開日: 更新日:

 急激な円安が企業経営を圧迫しています。かつては輸出企業は円安メリットを享受できるといわれていましたが、いまは海外での現地生産も進み、それほどメリットはないようです。化学メーカーにしても、原料の輸入価格が高騰し、経営環境は必ずしも良好ではありません。

 今回は化学大手の「信越化学工業」と「三井化学」の社員待遇を比較してみます。

 信越化学は半導体シリコンウエハーで世界首位を誇ります。生活環境基盤材料の塩化ビニール樹脂も世界トップです。身近なところでは壁紙やラップ、エコバッグなどの素材として利用されています。創業は1926年。「信越窒素肥料」の社名でした。現在はケイ素樹脂、フォトレジストなど製品は多岐にわたります。

 三井化学は、三井系の総合化学メーカー。石油化学への依存度を少なくするため、ヘルスケアや自動車、医療、農業向け製品や半導体関連へシフトを進めています。1912年に「三井鉱山」が化学事業を開始したのが源流です。97年に「三井石油化学工業」と「三井東圧化学」が統合し、現社名となりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂