多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道旭川市生まれ。ルポライター、キャッチセールス評論家、悪質商法コラムニスト。旧統一教会問題でも評論を務める。近著に「信じる者は、ダマされる。」(清談社Publico)。

ビットコインの成功体験がアダに…自称・中国女のインチキ暗号資産で1800万円超が消えた男性

公開日: 更新日:

 最近「老後資金を増やしたい」という思いにつけこむ詐欺が増えている。ある50代の既婚男性は過去にビットコインで儲けたことがあり、その成功体験がアダとなって全財産を失った上に借金を背負った。

 今年6月、男性はツイッターで自称・中国生まれの女性とつながり、単なる友達としてLINEで連絡を取り合っていた。ある時「投資をやっていますか?」と尋ねられた。彼は手持ちの暗号資産の価値が上がり、資産は大幅に増えていた。「もっと増やす方法はないか」と考えていたので「はい」と答えた。

 すると女性から海外の投資サイトを紹介された。「『C**Y』という新しい暗号資産があり、将来必ず値が上がる」という。半信半疑で1イーサリアム(約40万円)を購入してみた。イーサリアムは通貨の単位だ。

 しばらくすると10イーサリアム(約500万円)になり、資産は10倍以上に膨らんだ。「これは儲かりそうだ」と、持っていたビットコインで次々と「C**Y」を購入してしまった。その額は約1200万円分。サイト上の表示金額は約5000万円に達している。男性は「もう老後の生活は安泰だ」と思い、元本分を引き出そうとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感