小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

トヨタ新型シエンタは奇抜さを捨てたと同時に、なぜ3列目を広げなかったのか?

公開日: 更新日:

トヨタ シエンタ(車両価格:\1,950,000/税込み~)

 今年はつくづくミニバンの当たり年だ。国内最量販車種のトヨタ ノア&ヴォクシーや箱型ミニバンのパイオニアたるホンダ ステップワゴンの新型に続き、先日待望の5ナンバーミニバンの新型トヨタ シエンタまで登場したからだ。

 シエンタは先代が末期まで販売ベスト10圏内を出たり入ったりしていた人気モデル。そもそも軽トールワゴンの延長で買える全長4mチョイのコンパクトサイズが売りで、ガチな競合も5ナンバーサイズの乗用ミニバンという意味ではホンダ フリードぐらい存在しかない。待望のモデルチェンジで待ってる人は多い。

 かたや肝心の新作だが、少し予想外の部分があった。まず内外装デザインは割りと予想通り。2代目シエンタで導入したフランス車風ディテールを生かしつつ、全体は「しかくまる」をキーワードにミニバンらしいオーソドックスなフォルムに変貌。角が取れた箱型モチーフを多用している。

 特に分かりやすいのが前後ライトで、先代では釣り目調だったのが、新型は「しかくまる」なカタチに。かたや上級グレードのZは、同じトヨタのアクアでも使ったバイビームLEDヘッドランプや、LEDライン発光テールランプを採用。ひかりが優しくにじむ照射方法を採用している。

シエンタ最大の利点「扱いやすさ」を優先

 最も意外だったのはボディサイズだ。新型は現行ヤリスやアクアと同じ新世代GA−Bプラットフォームを採用。コンパクトカークラスで最高効率を持つ1.5ℓハイブリッドや1.5ℓガソリンエンジンが選べると同時に、サイズ拡大にはいい機会となる。

 特にシエンタは3列シートが狭めで、旧型比で数㎝ぐらい全長を拡大すると勝手に予想していた。しかし新型は4.26mの全長や2.75mのホイールベースは不変。それどころか3列目に座ってみると1&2列目に筆者が座ったシート位置でヒザ前が微妙に狭くなっている。もちろんそれでも大人が一応座れるが、広々感は正直ない。

 理由を開発者に問い質したところ、なるほどな理由が。シエンタの最大の利点は扱いやすさ。よって全長を拡大するつもりは最初からなかったようで、それ以上にハンドル切れ角を増し、最小回転半径は5.2mから5mに縮小。より扱いやすくなっている。

ハイブリッド燃費も旧型比で1割以上大幅向上

 また2&3列目は天井高アップ。高さで広々感を演出していると同時に、乗り降り時に大切なドア開口部の高さを旧型比で6cmも延長。成人男子でもアタマをぶつけず乗り降りできるようになった。同時にワンタッチで操作できるデュアルパワースライドドアの採用など、実質的扱いやすさは向上した。

 走りは試乗後にまた報告したいが、ハイブリッド燃費も大幅向上で最良モデルはWLTCモードで28.8km/ℓを記録。旧型より1割以上も良くなっている。

 キモは扱いやすさと、誰でも受け入れられる可愛らしさ。この新型もやっぱり売れそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ