有森隆
著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

旧村上ファンド(下)地銀の大株主に浮上 再編のカードは東京きらぼしFGか?

公開日: 更新日:

 旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンスが保有していた新生銀行の株式をすべて、SBIホールディングス(HD)に売却した。SBIHDが新生銀に対して実施した株式公開買い付け(TOB)に応じた。新生銀株を市場外の取引でSBIHDの子会社、SBI地銀HDにTOB価格の1株2000円で売った。

 SBIが市場価格より4割高い1株2000円で新生銀株のTOBを開始した2021年9月10日以降、シティは買い増し続け、12月1日時点で保有比率は9.16%まで高まった。シティは高値で売り抜け、一方、SBIは47.77%の新生銀株を保有し、新生銀を連結子会社に組み入れた。

 日本経済新聞電子版(22年1月12日付)は舞台裏をこう報じた。

〈21年11月17日。米国から帰国し14日間の自主隔離を終えたばかりの村上世彰は東京・日本橋の新生銀本店を訪れた。

「本気で北尾さん(北尾吉孝SBIHD社長)と対峙する覚悟があるなら、協力を惜しまない」。向き合ったのは、新生銀社長の工藤英之。大規模な自社株買いやホワイトナイト(白馬の騎士)を呼び寄せる可能性を尋ねたが、工藤からは前向きな回答は得られなかった〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平