米国の株価はいつごろ回復するのか…過去の平均は1年弱

公開日: 更新日:

 歴史的なインフレが米国を襲っている。公表される前年同月比の高い数値は、いつも「何十年ぶり」というただし書きがつくほどだ。

 これに対し、米FRBは次々と利上げの実施を打ち出している。ご存じのように、そのたびに株式市場は大幅下落を繰り返しているのだが、不思議なのは、急ピッチな利上げにもかかわらず、なかなかインフレが鎮まらないことだ。

 その理由はたぶん3つだろう。①コロナ沈静化に伴う需要の急回復②ウクライナ危機によるエネルギー・穀物の高騰③中国の都市封鎖による供給縮小。これらが重なりあったインフレ圧力が、FRBの利上げをせせら笑っている感じだ。

 株価にとっては、大敵の利上げに加え、やっかいな副作用も出てきた。スタグフレーションだ。今回の急激な利上げが景気を冷やしていくことは間違いないだろうが、かといって、先の3つの理由からインフレは止まりそうにない。つまり景気後退下の物価高というスタグフレーションに突入するのは時間の問題だ。

 すでに金融市場ではその警戒感も強まっている。だから米国の株価がまったくさえないのも仕方ない。年初をピークに大崩れしている米株式市場は、6月13日にS&P500指数は3749ポイントまで暴落。1月3日の最高値4796ポイントからの下落率は2割(22%)に達した、これをもって米株式市場は「弱気相場入り」したともっぱらだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ