有森隆
著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

クイーンズ伊勢丹(下)食のSPA(製造小売業)に変身して赤字から再生した

公開日: 更新日:

 クイーンズ伊勢丹は、首都圏の1都3県に現時点で18店舗を展開している。丸の内キャピタルの傘下に入ってから化学調味料や添加物を極力使わない独自の商品を、自社工場で製造することに、一層、力を入れた。

 2つのオリジナルブランド「ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD」(ザ・フード)、「QUEEN's ISETAN ORIGINAL」(オリジナル)を自社工場で開発・製造する。

 ザ・フードの価格帯は百貨店に並ぶ商品の7割から8割に設定。レトルトカレーシリーズが人気商品になっている。オリジナルは、当初はナショナルブランド(NB)の置き換えとしてスタートしたが、ここ数年は独自性の追求にシフト。各種のゼリーはロングセラー商品になった。

 クイーンズ伊勢丹は、食のSPA(製造小売業)として再生に取り組んできたのである。

 三越伊勢丹HDは、決算対策として赤字のクイーンズ伊勢丹を2017年に連結決算から切り離した。杉江俊彦社長(当時)は「買い戻し」を示唆していたが、小売業界の大勢は、「他社に売却される」と予想していた。業界ではいち早くローソンの名前が挙がった。ローソンは、丸の内キャピタルから高級スーパーの成城石井を取得し、ドル箱にした成功体験があったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質