佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

「同族会社の長所は独裁」と言った大正製薬3代目・上原正吉の思想

公開日: 更新日:

 かつて、大塚製薬の贈収賄事件が問題になったが、大正製薬の間違いではないかと思ったほど、その同族企業的体質は似通っている。共に製薬業界では“薬屋”扱いされてはこなかった企業である。

 1965年に大正のアンプル入り風邪薬パブロンが使用者をショック死させるという事件が起こった。直ちに厚生(現厚労)大臣はパブロンの製造を中止させたが、同社は薬品事故率においてトップの会社でありながら、利益率トップだった。この事件が起きた時、「朝日新聞」の投書欄に次のような声が載った。

「大衆薬メーカーは、効能の範囲を無理やり押しひろげ、使用法はろくに説明せずに、もっぱら心理不安につけこんでいます。 ところが薬というものは、それぞれの体質、症状に応じてキメの細かい配慮が必要とされ、ヘタをすれば、かえって害という結果にもなりかねません。にもかかわらずコマーシャルはそんなことは知らんぷりで、とにかく売りまくろうと連呼を続けています」

 同社は上原一族の典型的な同族会社で、筆頭株主の上原記念生命科学財団が17.6%の株を所有し、次に元会長の上原昭二が9.0%を持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質