HUB MEBKI(ビジネスサポート)平井あかねさん(4)税金を安くするためだけにドバイに来る日本人

公開日: 更新日:

「HUB MEBKI」の設立直後に世界を襲ったコロナ禍で売り上げが激減、外国人スタッフの雇用問題など次から次へと難題が押し寄せた。

 しかし、昨年末ぐらいからコロナが落ち着いたこともあり、日系企業や起業家からの相談案件がグンと増えてきた。

 もともとドバイは、法人税、所得税、不動産取得税などがかからない。以前であれば、似た政策を打ち出していたシンガポールやマレーシアに法人登記していた日本人が多かったが、両国はコロナ禍の水際対策を強化し、さらに各種税金がドバイより高額なため、ドバイの魅力が高まっている。

 2020年には、「バーチャル・ワーキング・ビザ」というものがドバイで発給開始された。もろもろの条件をクリアすれば、1年間のビザ(更新可能)が与えられ、配偶者はもちろん、子どものビザも下りるので現地の学校にも通えるという画期的な制度だ。

「現地に根付くためのサポートは惜しまないつもりです。でも、単に税金を安くするためだけに、ドバイに来る日本人が多いのも、ちょっとどうなのかなと思うことがあります。そういう人たちはここに愛着がある人が少ないので、ドバイより税制が優遇される国が出てくれば、また移住するでしょう。24年住んでいて、中東を愛している私としては、残念でならないですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ