米国株は底打ちか…バフェットが今年に入って買い増した銘柄は?

公開日: 更新日:

 米国株はどこまで下がるのか──。株価の水準を判断する指標にはさまざまあるが、「バフェット指標」もその一つだ。投資の神様「ウォーレン・バフェット」が割高・割安を見極めるために利用しているといわれる。計算式は「米国株の時価総額÷米国の名目GDP×100」とシンプル。数値が大きいほど割高だとされ、100を下回ると割安と判断される。

 実際にコロナショックが起きた2020年3月には100近くまで下がって株価が底入れ、その後に反転している。以降は、急激に上昇し、バフェット指標は21年秋に200を超える水準に達した。

 そこからは下落に転じて、NYダウは3月末から8週連続でマイナス。1923年以来最長の下げを記録した。そして現在のバフェット指標は150程度。割安といわれる100までは下がっていない。ただ、コロナショック直前の20年2月上旬よりも低い位置にあり、相場の過熱感は、薄れていると考えてもいいかもしれない。

 そんな中、バフェット自身は22年1~3月に株式を大きく買い増した。20年、21年は売り越して、現金比率を高めていたが、ここにきて一気に保有株を増やした格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質