苦境続く「外食産業」で生き残るのはどこ? デフレの代名詞も今は昔、急速な円安まで直撃

公開日: 更新日:

「デフレの代名詞」といわれてきた国内の外食産業で、値上げラッシュが起きている。

 焼き鳥居酒屋チェーン「鳥貴族」は全品327円だった価格を一律350円に引き上げ、牛丼チェーンの「松屋」は「牛めし特盛」を650円から680円に値上げ。「餃子の王将」も「餃子」を220円から240円にした。回転寿司「スシロー」は創業以来、38年にわたって続けてきた「1皿100円」(税別)をやめ、10月以降、最低価格を今の110円(税込み)から120円(同)に引き上げる。

■材料費、光熱費の高騰に加え急速な円安が直撃

 日本経済新聞の調査によると、2022年度に値上げを計画している外食関連の企業は73%に上るという。

 世界的に小麦やトウモロコシといった穀物類の価格が高騰。肥料や飼料の値段も上がり、農作物や畜産物にも影響が出ている。さらに原油価格の上昇により、物流費、電気代、ガス代も上がり、急速に進む円安が追い打ちをかける。

 食材も光熱費も上昇し、もはや多くの飲食店が値上げに動かざるを得なくなっている。そんな中、値下げに踏み切った外食産業もある。焼き肉チェーン「焼肉の和民」は649円の「和牛カルビ」を429円に値下げするなど、量を減らさず、全商品429円以下で販売。すかいらーくグループの「バーミヤン」は「バーミヤンラーメン」を598円から549円にするなど、人気メニュー16品を値下げした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ