戦後最大規模!07年に約22億円を脱税した京都の大富豪が再び逮捕された「意外な理由」

公開日: 更新日:

 そんな大富豪が今回逮捕された容疑は脱税ではなく脅迫の共謀共同正犯だった。「山本は高齢で健康状態も悪く入院中だった。それを府警は病院まで用意した」(地元紙記者)というから、当局の意気込みがうかがえる。

 事件の被害者は京都市内の不動産会社経営者のA氏(60代)。昨年末からA氏の近所にA氏に関するヘイトビラがばらまかれ、自宅駐車場の車には青いデスマスクが載せられてサラダ油をかけられるという悪質な事件が続いた。

「ビラのために非常に肩身の狭い思いをした。サラダ油で車は破損、油が染み込んだ駐車場の工事費用は数百万円かかった。家族はいまだに怖がっている」とA氏は話す。

 この事件で脅迫と器物損壊の罪で高橋明(77)が逮捕、起訴されている。この高橋被告の筋から山本容疑者の関与が疑われ、高橋被告が出入りしていたキャネットに府警の捜索も入り、今月、山本容疑者は逮捕されたのだった。

「トラブルの発端は、山本が関わる貸金業者B氏が起こした民事裁判」と元秘書は話す。裁判中の13年にB氏は突然消息不明に。そのためA氏がB氏側の支援を始めたところ山本から敵視されるようになり、14年にはA氏の自宅や事務所が赤田正行ら暴力団関係者数人により襲撃を受けた。この事件では山本容疑者とその娘も威力業務妨害容疑で逮捕されている(その後不起訴)。

 先の元秘書によると、山本容疑者は数千万単位の金をほぼ無担保で融資することで“仕事”をさせていたという。赤田の紹介で山本容疑者は井上邦雄(神戸山口組組長)や織田絆誠(絆会代表)と会食をしていたと、元秘書は裁判で証言もしており、捜査当局も関心を示していたそうだ。深度のある事件である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声