佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

「雪印メグミルク」の会社としての“骨密度”は大丈夫なのか?

公開日: 更新日:

 6月18日付の『朝日新聞』にこの会社の全面広告が折り込まれていて、雪印乳業との関わりを思い出した。2011年に日本ミルクコミュニティと統合して現在の社名になっている。

 筆頭株主は全国農業協同組合連合会で13・0%。次に農林中央金庫の9・5%が続く。

 私は原則として1社主催の講演会は引き受けないことにしてきた。すべての企業に対して負い目のない距離を保ったからだ。ただ社長の三澤千代治に共感したミサワホームとか、財テク拒否の姿勢を貫いた山中鏆が社長だった東武百貨店とかは例外的に講師となった。雪印乳業の幹部研修の講師を受けたのは、どういう理由だったかはわからないが、もちろん、こういう話はしないで下さいとかの注文はなかった。その時、私は集団食中毒事件の際に「俺は寝ていないんだ」と記者に答えて失笑を買った社長の石川哲郎にも合っている。講演で私はかなり厳しい企業批判をしたはずだが、彼らに拒否反応はなかった。そうした経緯があるから言うのではないのだが、雪印であの中毒事件が起こるのなら、日本の他の企業で同じようなことがいつ起こっても不思議ではない。現場を知らずに、あるいは知ろうともせずに後手後手の対応をした石川が特にひどい社長であるわけではなく、残念ながらほとんどの社長がそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応