60歳からの株投資には「8つの法則」が 株式アナリスト櫻井英明氏が説く

公開日: 更新日:

 今年5月から個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」の制度が変わり、60歳未満だった加入年齢が65歳未満に延長された。つみたてNISAの拡充も検討されている。ただ、イデコやつみたてNISAは投資信託が中心。個別株の売買はできない。老後資金を減らさないための“安全運転”は大切だが、個別株でも比較的、損をしない方法もある。そして何より、ボケ防止にピッタリだ。

 ◇  ◇  ◇

 60代からの株取引はできればスマホは避けたい。画面が小さく、手違いも起きやすい。何より、移動中に株価チェックができるので、保有株の下落が気になり心が落ち着かなくなる。

「できることなら決まった場所に置いてあるパソコンで、さまざまなチェックをして下さい。スマホだと株価が激しく動いていると、衝動的な売買をしてしまいます。60代のシニア世代は、ある意味のんびりと投資すべきでしょう」

 こう語るのは、「60代から楽しくはじめる『株』1年生」(明日香出版社)などの著書で知られる株式アナリストの櫻井英明氏だ。

■取引は朝の1時間だけ

 大切なのは朝9時前後の1時間。定年退職後は現役世代と違って、時間に余裕があるのは強みだ。東証の売買がスタートするのは午前9時。その30分ほど前にパソコンで世界のニュースをチェック。売買するのは、寄り付きから30分間だけ。そう決めておけば、株取引に振り回されることはない。

 ただし、日々のニュースなどは新聞やテレビなどで頭に入れておくこと。これを心がけるだけでボケ防止に役立つ。

 さて、実際に株売買をスタートするとなるとハードルは高そうだが……。

「60代からの株8則というのがあります。濡れ手でアワは目指さない、これと決めた銘柄と長く付き合うなどです。銘柄探しは、現役時代に関係のあった企業や業界からです。自分の知っている世界に投資する。シニア世代の財産といえます」(櫻井氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ