関心高いソフトバンクグループの回復はあるのか…2022年3月期「赤字トップ10社」の明暗

公開日: 更新日:

 前回は2022年3月期の「純利益トップ10社」を取り上げたが、今回は逆に同期の「最終赤字トップ10社」を検証したい。「表」をご覧いただきたい。

 まず各社の赤字の理由だが、1位のSBGは、世界の株式市場の下落が原因だ。投資事業の収益が悪化し、1兆7000億円を超える巨額な最終赤字となった。前年の21年3月期には国内企業で過去最大の純利益(5兆円弱)だったが、それが一転して、赤字額としてはみずほFGが03年3月期に計上した2兆3771億円に次ぐ過去2番目の巨額赤字。年間の株価は4割を上回る大幅安となったのも仕方ないところだろう。

 JALやANA及びJR西、JR東、JR東海の赤字は、コロナの影響。前年よりは人流抑制が若干緩和されたため、5社いずれも最終赤字額は減少した。年間の株価下落も小幅で、ANAの株価はほぼ横ばいだった。

 最終赤字が9期ぶりの東北電、同じく8期ぶりの中部電は、燃料費高騰と円安の影響が大きい。赤字額が大きかった東北電は、年間で3割を超える株安となった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも