withプーチン時代の株式投資はどうなる…新たな「FAANG」へシフトするのか

公開日: 更新日:

 世界の株価下落に歯止めがかからない。直近のNYダウの週間ベースでの下落は8週連続となり、世界恐慌さなかの1932年以来、実に90年ぶりの連続下落記録となっている。

 その暗雲の原因となっているウクライナ戦争だが、どうも長期化は避けられない情勢だ。メディアは、終戦のカギはプーチンの失脚と報じているが、そのプーチンの力がまったく衰えそうにない。

 4月下旬の調査でも、プーチンの支持率は82%もある。予想されたロシアのデフォルトや経済破綻についても、懸念が薄らいでいる。資源エネルギー価格の高騰で、ロシアの今年の経常黒字額は昨年の円換算16兆円から逆に30兆円程度に倍増する見込みなのだ。欧米や日本は経済制裁でプーチンを封じ込めようとしているが、どこ吹く風で、外貨獲得も順調なのである。プーチンの大統領任期は最長2036年(その時84歳)まで引き延ばされているが、あながち「悪い冗談だろう」で片付けるわけにはいかないかもしれないのだ。

 そうなると株式投資も「withプーチン時代」をキーワードに考える必要がある。つまり、今後も彼がロシア大統領として君臨し続ける前提で、銘柄を選ばないといけない時代になってくる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…