小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

JR九州は工業デザイナー水戸岡鋭治サマサマ…豪華列車の旅は中高年の垂涎の的に

公開日: 更新日:

友近・礼二(中川家)の妄想トレイン」(BS日テレ)が中高年に人気を博している。毎回、鉄道好きのゲストを迎え、理想の旅をひたすら妄想する新感覚な紀行番組だ。鉄道・温泉・グルメなどなど、取り上げられるコンテンツは多彩だが、なかでもイチオシ人気は豪華列車で行くJR九州の旅。その注目旅で必ずといっていいほど登場するのが、いまやJR九州の顔となっている工業デザイナー・水戸岡鋭治氏(ドーンデザイン研究所代表)だ。

「ななつ星」「或る列車」など、JR九州の豪華列車は水戸岡氏のデザインで、随所に「組子細工」が配置され、木の安らぐ車内デザインは秀逸だ。中高年の垂涎の的になっている。

 この水戸岡人気に気をよくしたJR九州は、水戸岡氏のイラスト・原画やデザイングッズなどが展示・販売される「小倉工場鉄道ランド」を4月23日にオープンした。

 北九州市小倉北区のJR九州「小倉総合車両センター」内に開設されたランドには鉄道部品を販売するショップがあり、オークションも実施される。

 また、車両センター構内には「ミニSL」を運行し、整備途中の車両を見学できる特別ツアーもある。子供たちや鉄道マニアにはたまらない空間だ。「鉄道ランドの見学を組み込んだ観光ツアーがあり、集客に一役買っている」(JR九州関係者)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…