赤っ恥プーチン大統領…ウクライナ南部2州の編入狙うも住民は「ロシア国籍」欲しがらず

公開日: 更新日:

 プーチン大統領は25日、制圧下のウクライナ南部のヘルソン州、ザポリージャ州の住民を対象に、ロシア国籍を取得する手続きを簡素化する大統領令に署名した。両州をロシアに編入し、「戦果」としたいようだが、空振りに終わりそうだ。

 ロシアはヘルソン州の全域とザポリージャ州の一部を支配したと主張している。今月に入り、両州に通貨ルーブルを導入するなどロシア化を加速。住民のロシア国籍の取得を進め、最終的にはクリミアのようにロシアに編入する魂胆だ。

 クリミア併合では編入の是非を問う「住民投票」が実施された。両州でも「住民投票」により、民主的な手続きを演出した上で、ロシアに編入するとみられていた。ロシアの工作により「編入賛成」が多数を占める“インチキ投票”になると確実視され、ウクライナや欧米は反発していた。先月下旬、英国防省はヘルソン州の住民投票について「占領の正当化が目的だ」と警戒を示していた。

 ところが、両州の編入は住民投票を経ず、両州の親ロ政治家がプーチン大統領に「要請」する形で進められている。なぜ、住民投票は行われないのか。筑波大名誉教授の中村逸郎氏(ロシア政治)がこう言う。

「ロシア軍が壊滅的な破壊を行ったため、住民投票を実施できる状況ではありません。多くの住民は国内外に避難しています。残っている住民も誰がどこに住んでいるのか分からず、住民投票の案内を送ることも難しい。役所や警察も機能していない。州としての体をなしていないのです」

ロシア国籍を取得すればどこに連れていかれるか分からない

 ヘルソン州の州都ヘルソンでは、ロシア軍の占領後、人口30万人のうち約40%が脱出したとの推計もある。手続きの簡素化を受け、両州でロシア国籍を取得しようとする住民はどれくらいいるのだろうか。

「ロシアでも侵攻後わずか1カ月で約380万人が国外に脱出しました。今、誰がロシア国民になろうと思いますか。両州でロシア国籍を希望する住民はほとんど登場しないと思われます。ロシア国籍を取得すれば、どこに連れていかれるか分からない。戦争に動員されるかもしれない。プーチン大統領は国籍取得の簡素化を打ち出し、両州のロシア化を戦果としようとしたのでしょうが、住民がいかにロシアを嫌っているかが浮き彫りになりそうです。プーチン政権が『親ロ派が多い』と“プロパガンダ”を流している東部ドンバス地方でも住民はロシアへの反感を強めています。ここでもロシア化はうまくいかないでしょう」(中村逸郎氏)

 タス通信によると、ロシアのショイグ国防相は24日、軍事作戦の遅れを初めて認めたが、「作戦の全任務を達成する」と長期戦の構えを示した。早く失敗に気づき、停戦した方がいい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…