重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

公開日: 更新日:

 進退を考えているのか。ロシアのプーチン大統領(69)に重病説が浮上する中、ある人物が後継候補として注目されている。36歳という若さながら、大統領府の局長を務めるドミトリー・コバリョフなる人物だ。話題になったのは、5月9日の「対独戦勝記念日」に開催された軍事パレードでの一幕だった。

「若い男性がプーチン大統領と親密そうに話す動画を、ウクライナ出身のレーシングドライバー、イゴール・スシュコ氏がツイッターに投稿。『プーチンが指名した後継者ではないかとの噂が飛んでいる』とツイートすると、世界中に一気に拡散され『男性はコバリョフ氏』と特定されるに至ったのです」(国際ジャーナリスト)

 筑波大名誉教授の中村逸郎氏(ロシア政治)はこう言う。

「コバリョフ氏はパレードでプーチン大統領に顔を近づけ、32秒間も会話していました。特別な存在でなければ、ここまで近づいて話すことなどできません。いま『ポストプーチン』として最も注目されています」

 映像を見る限り、コバリョフ氏は高身長で精悍な顔つきをしている。ただの青年ではなさそうだ。

「父親は、ロシアのエネルギー大手・ガスプロムの関連会社の幹部で、オリガルヒです。また、石油最大手・ロスネフチ会長でプーチン大統領の側近でもあるイーゴリ・セーチン氏ともパイプがあるとみられている。また、プーチン大統領が側近とともにつくったアイスホッケーチームのメンバーでもあります。さすがに若すぎると思われるかもしれませんが、もし後継指名されるなら、プーチン大統領がバックにつき院政を敷くということでしょう」(中村逸郎氏)

「強いロシア」を目指し強硬姿勢の可能性も

 6月中にプーチン大統領が後継者を“指名”する可能性もあるという。

「重病説があるプーチン大統領は、最近明らかに様子がおかしく、体調的にもう続けられる状態ではない可能性があります。建国の日である『ロシアの日』の6月12日を節目に軍事作戦を終了させ、自らは療養期間に入り、その後、折を見てコバリョフ氏を後継指名してもおかしくありません。プーチン大統領自身も1999年12月31日、当時のエリツィン大統領に突然、後継者である大統領代行に指名されました。当時と同じく“サプライズ”的な展開を思い描いていることが考えられます」(中村逸郎氏)

 コバリョフ氏が最高権力者に就くと、ロシアはより危険な国になる可能性もある。

「コバリョフ氏は、落ち目だったロシアを立て直したプーチン大統領をリアルタイムで見てきています。14年のクリミア併合の時は20代後半で、まだ血気盛んな時期。大統領に就任すれば、『強いロシア』を目指し強硬姿勢に出てくる可能性があるでしょう」(中村逸郎氏)

 さらなる混乱の原因となるのだろうか。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記