姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

中国は「鎖国」状態にギアチェンジ! 出国阻止でパスポートを切断も?

公開日: 更新日:

 中国・上海の一部の住民の間であるウワサが流れた。「浦東国際空港で、アメリカに留学するため出国しようとした中国人学生のパスポートが取り上げられ、ハサミで切断された」というものだ。根も葉もないウワサではないことは、類似の事件の報道からもわかる。4月22日、米国に戻ろうとした中国人女性も中国の空港で拘束され、パスポートを切断されてしまった。

 なぜこんな事件が起きるのか。それは今、中国が徹底した“鎖国”状態へとギアチェンジしたからではないか。実は昨年7月18日、米ソーシャルニュースサイト「レディット」(中国語版)に「中国は2022年10月までに完全に鎖国されると予測」と題した中国語の記事が投稿された。ここに書かれているのは次のような内容だ。

「(2022年秋の)中国共産党第20回全国大会を前に、遅かれ早かれインターネットは完全に遮断され、出入国は禁止されるだろう。留学生と外交・公用ビザ保持者だけが出国でき、他の中国人は中国にとどまるよう説得され、パスポートさえも切断される」

 ほぼ的中である。「出国できるのは留学生」とあるが、前述のように留学目的でも出国できないケースもあるので、事態は“予測”よりも深刻だ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか