他社もやっている取引でSMBC日興証券だけが狙われたのはなぜ?

公開日: 更新日:

 世間を騒がせていたSMBC日興証券(日興)の相場操縦事件の捜査が終結した。元副社長や元エクイティ部長ら元幹部6人と法人としての日興が金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で起訴された。問題となったのは、2019年12月から21年4月に日興が手がけた「ブロックオファー」取引。対象10社の株価を買い支える目的で違法に株価を「安定操作」したというものだ。

 なじみがないだろうが、「ブロックオファー」とは、大株主の保有株を市場外で投資家に転売すること。大株主は需給バランスを崩さずに大量の株式を売却でき、投資家は割安に株式を買えるメリットがある。そして証券会社は買い取りと売却の価格差が利益になるわけだ。

 報道ではあまり強調されなかったが、「ブロックオファー」自体は違法でなく、他の証券会社も扱っている取引である。では、いったい日興のどのような手法が相場操縦とみなされたのか。

 ここ数年、持ち合い株の解消もあり需要が高まっているブロックオファー取引。まず株を売りたい大株主が複数の証券会社に声をかけ、「コンペ」をするのが通例だ。各社は割引率などの条件を提示して競うが、日興の強さが際立っていたという。日興はブロックオファーの案件を多数獲得し確実に利益を計上していた。そこには不適切な株の買い支えという「カラクリ」があったようだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  2. 2
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3
    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

    ロシアの村で36歳男性が教会に放火…明らかにされた犯行動機にビックリ仰天!

  4. 4
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  5. 5
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  1. 6
    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

    上原多香子は女優復帰、今井絵理子は再婚間近…元「SPEED」メンバーそれぞれの現在地

  2. 7
    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

    フェンシング日本代表“沖縄レジャー合宿”発覚 問われる武井壮会長と太田雄貴前会長の責任

  3. 8
    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

    山﨑賢人に広瀬すずとの“半同棲”報道 「焼き肉デート」の土屋太鳳とはどうなった?

  4. 9
    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

    ジャガー横田の長男・大維志君が進学した長野県「偏差値66」私立高校の評判

  5. 10
    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い

    元売りへの補助金が当初予算の20倍に…「だったらガソリン税を下げろ!」が有権者の願い