歯科医が「社会貢献に」と浅草でパン屋を開業 赤字続きでも続けると覚悟した理由

公開日: 更新日:

 一風変わったパン屋が今年3月にオープンした。東京・浅草は仲見世通りの路地裏にある「東京浅草 浪漫」。ステンドグラスをあしらった和モダンな店内に、食パンや総菜パンなど昔ながらのパンが並んでいる。

 ただ、ここまでは珍しくない光景。ならばどこが違うのかといえば、現役の歯科医師が開いた店ということ。パン屋を営む歯医者さん? 何だか面白そうだ。

 オーナーは東京と大阪で3カ所の歯科医院を開院している井上慎太郎さん(47)。もともとパンが好きで、さまざまな店を巡って楽しんでいたという。なるほど、だからパン屋を? いやいや、単に好きが高じて開業を考えたわけではなさそうだ。

■社会貢献したい

「これまで20年以上、歯科医師として患者さんと向き合ってきた中で、入れ歯治療などの高齢者を診ていて長年感じていたことがありました。それは噛む力やのみ込む力が弱くなっても、食べることを楽しみたい人が多いということ。今ある歯で簡単においしく味わえるものは何かと考えた時、白いご飯と違って、おかずを用意する必要が少なくてバリエーションも豊富で、自分も大好きだったパンを思いついたのです」

 高齢者や小さな子どもも手軽に食べられる安心・安全なパンを--。原点はそこだった。幸い、歯科医院の経営は順調。今だからこそ医療行為とは別に社会貢献したいと思うようになったという。

「医療従事者が提供する商品ならば信用や安心感につながり、ニーズもあるのではないか。経営は赤字にならない程度でいい。順調にいけば老健施設や子ども食堂などにパンを贈る活動もしていきたい」

 岡山でパン店開業の講習を受け、パン作りの基礎を学んだ。最初は趣味程度のスタートだったが、「やるからには無添加で国産小麦など体にいい素材にこだわりたい」と本気になっていった。

 昨年春ごろから東京の下町などで店舗を探し始め、浅草の今の物件に出合った。普段はめったに出ない仲見世通り裏という好立地だ。コロナ禍で空き店舗になった場所を借りることができたのも偶然が重なった。

「いくら素材にこだわった高級路線で売り出しても、うちは素朴な味が多いので、他店の華やかなパンとは勝負できない。浅草は高齢者にも人気があり、ブランド力がある。地名を屋号にしたかった」

 利益重視ではないといっても、個人資金をつぎ込んでの開業だ。改装など初期費用にかかった諸経費は決して安くはない。運営スタッフの給料もある。開業して2カ月。現状はどうか。

「読みが甘かった。赤字続きで厳しい。ただ……」

 あることがきっかけで、続ける覚悟ができたと話す。

赤字続きで眠れない日も

 今年3月、東京・浅草にオープンしたパン店「東京浅草 浪漫」は、現役の歯科医師がオーナーの話題の店だ。都内に2カ所、大阪で1カ所の歯科医院を運営している井上慎太郎さん(47)が「噛む力やのみ込む力が弱くなった高齢者も安心して食べられるパンを」と副業で始めた。根底に「医療行為とは別の社会貢献をしたい」という思いがある。

 もともとパン好きだった。作り方の基礎を学ぶ講習に通ってレシピを考え、個人資金をつぎ込んで満を持して開業した。

 開店して2カ月が経った。利益ありきではなく、赤字にならない程度の運営を見込んでいたが、「読みが甘かった」と苦笑い。

 というのも、安心・安全を追求し、無添加で北海道産の小麦など素材にこだわっているため材料費はかなりかかる。しかも店を構えたのは浅草の一等地。家賃などの固定費や、8人ほど抱える従業員の給料もある。

「歯科医院の経営とは違い、飲食は異業種過ぎて全体像がつかめなかった。最初は赤字続きで眠れない日もありました」と率直に語る。

 だが、一度こうと決めたら諦めない性格だ。歯科医院も強い意志を持ち続けたことで運営が軌道に乗ったという実績がある。そもそも何でパン店を始めたかったのか──。思い起こさせてくれたのが、浅草の地元商店街の人だった。

「近隣の店の方々に挨拶がてらにうちのパンを持っていったら、想像以上に喜んでくれてうれしかったんですよね。その後、『おいしかったから』と買いに来てくれて。役に立てた充実感に満たされた。原点を思い出し、店が順調にいった先に考えていた、無料でパンを贈るボランティアを並行してやっていこうと決めました」

 早速、老人保健施設に寄付を申し入れ、5月から活動を開始。実際に食べてくれた高齢者らにアンケートを取り、リアルな感想を聞いて商品開発にも役立てる予定だ。いずれは子ども食堂や生活困窮者などにも届けたいと考えている。

 パン業界は昨今の高級食パンブームでライバル店も多い。

「目的意識を持つストーリー性のある店として、まずは本来やりたかった社会貢献を進め、信念を発信しながらヒット商品も考えていきたい」

■今では行列のできる店に

 その矢先、動きがあった。人気テレビ番組で店のことや新商品「キューブパン」が紹介されたのだ。「キューブパン」はミニサイズの四角い生地の中に焼きチーズカレーや照り焼きチキンなどの具が入ったパン。放送後はゴールデンウイークの時期も重なって完売続き。行列ができる日もあった。売り上げも上昇。順調に進み始めた経営だが、「これからも誠実に、いい素材のパンを提供し、その上で評価されたらうれしい」。

 二足のわらじを履く井上さんの軸はぶれない。

(取材・文=肥田木奈々)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記