ハイテク銘柄暴落で個人投資家は大打撃! インフレ抑制策で株価は今後どうなる?

公開日: 更新日:

 貯蓄から投資に向かった投資家は大きな痛手だ。ハイテク銘柄が世界中で下落している。個人に人気のハイテク関連指数である米国のナスダック総合は昨年11月の最高値からおよそ27%、東証マザーズに至っては60%近い大幅下落に見舞われている。

 現在の株式市場について「下落局面では持ちこたえられる人ほど損をするようになっていて、買い下がると余計にやられるもの」と話す経済評論家の杉村富生氏に今後を見通してもらおう──。

 コロナショック後に猛烈な金融緩和によってマネーが供給される中、成長期待でPER(株価収益率)500倍、1000倍まで買われた銘柄もあったが、コンテンツ配信サービス「ネットフリックス」などは大きく売られている。

「成長シナリオが崩れた時に売られるのは当然のことです。カネ余りの時はハイテクや小型成長株の収益力の弱さは容認されていましたが、インフレ抑制のためにFRB(米連邦準備制度理事会)が利上げとともにQT(量的引き締め)に政策転換する中、投資尺度がないほどまでに買われてきた銘柄ほど、株価が急落するのはさもありなんでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記