「21世紀にこんなことが…」マリウポリ“制圧”の日に届いた訃報

公開日: 更新日:

 いつかこんな「暗い日」が訪れるとは覚悟していた。特派員として過去、駐在していたモスクワとキエフ(キーウ)の間を何度も行き来し、ウクライナの知人・友人は数知れず、妹のように面倒を見た親友までいる。「幸い」という言葉でいいのか、2月下旬にロシアのプーチン大統領が戦争を始めて以降、自分の周囲は何とか難を逃れていた。しかし、それが崩れた。

■すべては異様な演説から

 筆者が「身近な死」に触れたのは、4月21日。侵攻の前触れとして、プーチンが「ウクライナは単なる隣国ではない」などと約1時間、一方的かつ異様な国民向け演説を行ってから2カ月後。彼が南東部マリウポリ「制圧」を宣言した日のことだ。

 アゾフ海を望む要衝マリウポリでその前日、知人の義母が亡くなっていた。知人はキーウ在住の元国家公務員で、日本にもなじみが深い。ちょっと強引だけれど、人懐っこくて憎めないウクライナ人のおじさんだ。

 夫婦そろってマリウポリ出身。住んでいたキーウに戦火が迫り、奥さんは東京にいる息子を頼って1万キロ以上を移動して避難できた。しかし、故郷に住む義母ら親族はその頃、ロシア軍に包囲されていた。筆者が3月に奥さんに話を聞いた際、「母の無事は近所の人が時々知らせてくれる」と教えてくれたが、心配は尽きない様子。言葉の一つ一つが重かった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか