佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

阪神タイガースを実質的に”阪急タイガース”にさせてしまった村上ファンド

公開日: 更新日:

 アンチ・ジャイアンツである。先日、巨人が阪神に3連敗した時は、嬉しくて何度もスポーツニュースを見た。とてつもなく弱い今年の阪神に、しかし、ファンは変わらず熱い声援を送っている。

 この阪神の親会社は阪神電鉄であるが、現在、同社は阪急阪神ホールディングスの傘下にある。『会社四季報』には、「阪神球団や宝塚歌劇が想定上回る好調」とあるが、この阪神タイガースが”村上タイガース”となるところだった。NHKならぬMHKの虚業家たちが世間を賑わせたことがある。村上世彰、堀江貴文、そして木村剛のMHKである。彼らは投資家とも呼ばれたが、実業家ならぬ虚業家だった。竹中平蔵の弟分の木村は消え去ったが、村上もホリエモンも健在である。経産官僚から転じた村上は村上ファンドとして知られ、フジサンケイグループを買収しようともした。その時タッグを組んだのが堀江である。

 これに失敗した村上は次に阪神電鉄株を買い始める。2005年のことである。4割近くまで取得して、阪神タイガースの上場も提案した。中川右介の『プロ野球「経営」全史』(日本実業出版社)によれば、この時、「阪神タイガースが村上タイガースになるなんて嫌だ」という声が圧倒的多数を占めた。村上もそんなことは考えていなかったのだが、名称がひとり歩きしたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す