一戸建てにはさまざまな構造・工法が 優先すべきは地震対策か価格か?

公開日: 更新日:

一戸建て編(3)

 都内の中堅企業に勤める小舘木三(仮名)は、小田急線生田駅近くの分譲マンションに住んでいる。来年60歳を迎えて再雇用に移行、通勤頻度が減るのを見越して、一戸建てに買い替えられないかと検討を始めたところだ。

 山形県生まれの小舘は、子どもの頃には一戸建てに住んでいたが、就職で上京後は長くアパートや分譲マンションなどの共同住宅住まいで、一戸建ての知識はまったく持っていない。

 一戸建てに買い替えるといっても、何から手を付ければいいのかわからず、とりあえずネットで調べてみた。ひとくちに一戸建て住宅といってもさまざまな構造、工法の住宅があることが見えてきた。

 わが国で一番多いのが、「木造軸組工法」と呼ばれる日本古来の在来工法によって建てられた一戸建て。木材で柱を立て、水平に梁をわたし、斜め材の筋交いで補強して組み立てていく。町場の工務店の大半がこの木造軸組工法を主体としている。

 部材を工場で加工するなど、工場生産の割合が高いのが木造プレハブ工法。このプレハブ工法の住宅としては、骨組みに鉄骨を採用した鉄骨造プレハブ工法の住宅が多く、大手住宅メーカーのほとんどがこの工法を採用している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感