2021年の株価下落率ワースト10銘柄はコレ…リバウンドは期待できるのか?

公開日: 更新日:

 コロナ禍の2年間で急騰した銘柄ベスト10を前回は紹介したが、今回はその逆だ。昨年1年間の下落率ワースト10社だ。有名企業、話題の企業がズラリと並ぶ。

 2021年の日経平均の動きは全体で4.9%アップなのに、30%も40%も下落している。そこから何を学べばいいのか。

 このワースト10社からは、いくつかのことがわかる。

①前年(20年)は、コロナバブル相場で、ハイテク株中心に急騰した銘柄が多く、一部には異常な株価形成が見られた。21年に入り、米国の金利上昇懸念により、そういった高PER銘柄が警戒され、本来の株価水準に戻った。それで株価が大幅下落した。

 急騰の反動が大きかったエムスリーやソフトバンクグループ、ネクソン、ファーストリテイリングあたりだ。

②帝人、花王、キリンHD、ユニチカはそれぞれ繊維・化学、トイレタリー、食品のメーカー。

 21年後半からの円安及び資源・穀物高による原材料費上昇という悪材料で株価が下落したといえる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実