2021年の株価下落率ワースト10銘柄はコレ…リバウンドは期待できるのか?

公開日: 更新日:

 コロナ禍の2年間で急騰した銘柄ベスト10を前回は紹介したが、今回はその逆だ。昨年1年間の下落率ワースト10社だ。有名企業、話題の企業がズラリと並ぶ。

 2021年の日経平均の動きは全体で4.9%アップなのに、30%も40%も下落している。そこから何を学べばいいのか。

 このワースト10社からは、いくつかのことがわかる。

①前年(20年)は、コロナバブル相場で、ハイテク株中心に急騰した銘柄が多く、一部には異常な株価形成が見られた。21年に入り、米国の金利上昇懸念により、そういった高PER銘柄が警戒され、本来の株価水準に戻った。それで株価が大幅下落した。

 急騰の反動が大きかったエムスリーやソフトバンクグループ、ネクソン、ファーストリテイリングあたりだ。

②帝人、花王、キリンHD、ユニチカはそれぞれ繊維・化学、トイレタリー、食品のメーカー。

 21年後半からの円安及び資源・穀物高による原材料費上昇という悪材料で株価が下落したといえる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外