コロナ禍の2年間で急騰した銘柄から学ぶこと トップ10社はここだ!

公開日: 更新日:

 まず〈表〉を見ていただきたい。コロナ前の19年末と21年末の株価を比較して上昇率「トップ10社」をリストアップしたものだ。対象は東証1部の上場銘柄である。

 ここから何を学べばいいのか。そこには必ず次の狙い目株のヒントが隠されていると思う。

 ちなみに、この2年間の日経平均の上昇率は21.7%だが、ご覧のようにトップ10社はケタが違う。なかでもデジタルトランスフォーメーション(DX)関連や半導体関連企業が目立つ。

 1位のベイカレント・コンサルティングは、コロナ禍で企業のDXが進み、デジタル活用を支援するコンサル業務が好調。2位は電子部品の三井ハイテックで、環境対応車向け「モーターコア」で6割強の世界シェアを握る。3位のレーザーテック、6位の野村マイクロ・サイエンス、10位の新光電気工業はいずれも半導体関連企業で、世界的な半導体需要の増大を取り込んだ。

 4位のキャンプ用品のスノーピークはコロナ禍で「密」にならないキャンプの人気が高まり、アウトドア関連株として最高益更新が続いている。8位の郵船は、コロナ禍からの主要国の景気回復で、海運市況が高騰した恩恵を受けた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!