中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

黒田日銀「緩和継続」の危うさ 欧米は金融引き締めに政策転換

公開日: 更新日:

 欧州連合(EU)統計局が4月1日に発表した3月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は、前年同月比7.5%上昇した。上昇率は前月の5.9%から加速し、過去最高を更新。ロイターがまとめたエコノミスト予想の6.6%も大幅に上回った。

 欧州中央銀行(ECB)は、ロシア・ウクライナ戦争による消費者物価の上昇を受けて、資産購入による量的緩和(QE)を7月で終了する一方、中銀預金金利(現行マイナス0.5%)も、7月にも利上げに動くとの見方が強まっている。ユーロ圏のインフレ率はECBの物価目標(2%)の既に4倍近いペースに加速していたからだ。

 米労働省が4月12日に発表した3月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前年同月比8.5%上昇と市場関係者を驚かせた。伸びは前月(7.9%)から勢いを増し、1981年12月以来約40年ぶりの高さとなった。

 3月16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、FF誘導金利目標を「0.25~0.5%」へと引き上げ(利上げは2018年12月以来)、金融引き締めへ政策転換した。声明文では「適切に引き締めの金融政策を通じ、物価安定と雇用の最大化を達成」とのフォワードガイダンスが追加され、物価が高止まりのうちは利上げを行う方針が示された。早ければ5月3~4日開催のFOMCで、追加利上げとともに保有資産を最大で月950億ドル圧縮するとみられ、これは2017年から19年にかけて行った量的引き締め(QT)のほぼ2倍のペース。さらに6月、7月のFOMCでも追加利上げが行われる公算が大きい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外