佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

大手ゼネコンで唯一の非同族会社である大成建設に近い政治家は誰か

公開日: 更新日:

 もう知っている人も少なくなったのかもしれないが、ある建設会社で創業家の御曹司がホステスと問題を起こし、彼女に会社の前に何日か立たれたことがあった。熊谷組とか大林組とか、鹿島を含めて建設会社には組と名乗っていたところが多い。いずれも創業家の力が強く、ジュニアが社長になる。それに対して大成建設は大手のゼネコンの中では唯一の非同族会社であり、サラリーマンが社長になれる。

 大倉財閥の創業者である大倉喜八郎の息子、喜七郎がGHQの財閥解体の意向を先取りするようにして大倉家と絶縁し、大倉土木から大成建設に改名して再スタートした。

 いまから30年ほど前に当時の社長、里見泰男にインタビューしたら、戦後の新しい歩みについて、こう語っていた。

「戦争に敗けて、財閥が全部追放された形になり、キャップのいない会社になってしまった。それで、何とかしなければと社員持株制を発足させ、役員も選挙で選ぶというようなことをしたんですね。よく、これまで社員だけで守ってきたと思います。とにかく、大倉土木の時には社員は営業なんかする必要がなかった。大倉さんの顔でどんどん仕事がきたからです。ところが、大成建設になって、営業も何もみんな自分たちでやらなければいけない。それで逆に、いろいろ鍛錬されたんだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!