小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

スペーシア カスタムがアルファード風グリルに! 日本で2番目に売れる軽の仁義なき戦い

公開日: 更新日:

スズキ スペーシア カスタム(車両価格:¥1,663,200/税込み~)

 知る人ぞ知る話、クルマ界は音楽界同様「インスパイア」であり「オマージュ」がガンガンに行き交う場所だ。「ヒット作品をマネる」という行為が当たり前のように存在するのだ。

 かつて英国車ミニのメッキグリルをマネた軽は山ほどあったし、ヒット作には必ず後追いが登場する。ただし、今回のインスパイアはいつもと違う。絶妙に別ジャンルのディテールを取り入れた入魂のマイナーチェンジモデルが登場したのだ。

 その名もスズキ スペーシ アカスタム! いまや日本一売れる軽となったホンダN-BOXの次に売れる軽スーパーハイトで広さ、質感ともにN-BOXに迫る勢いだが、驚きのニューデザイン採用。そう、寸法的には倍ぐらいありそうな大ヒットミニバン、トヨタ・アルファードに激似のフロントグリルを纏ったのである。

 担当のスズキスタッフに「似てますねぇ」と尋ねると「え? そうですか」とトボけたが、似てるなんてもんじゃない! ぶっちゃけ似すぎてる。

「軽スーパーハイトも顔が8割」の時代に?

 確かに、グリル全体の逆三角形フォルムは言うほど似てない。そうではなく、グリル内のはばたく羽のような「逆さL」メッキパターンが死ぬほど似てるのだ。それも手が込んでいることに、2017年末のマイナーチェンジ前アルファードに似ている。最新型グリルとは絶妙に似てない。なんとも巧妙な外し方(笑)。

 かつて私はトヨタ辣腕エンジニアから「ミニバンの8割は顔です!」との名言を聞いたことがあったが、ついに「軽スーパーハイトも顔が8割」の時代に入ったのだろうか。

 ちなみにマイチェンしたスペーシア カスタムだが、変わったのはグリル造形と9インチのメーカー装着ナビと遂にSOSコールが付いたコネクティッド機能、あとは新色インディゴブルーなるボディーカラーや合わせて変わったインパネ色ぐらいのもの。カスタムに搭載される64psの660ccターボエンジンや足回りにはまったく変更なし。

マイチェンでなりふり構わぬ改良のワケは?

 ひさびさに乗ってみたが、室内の異様な広さは相変わらずで、身長176cmの筆者が前後に座って頭上に子供を肩車できそうな高さだし、リアシートはヒザを伸ばせるレベル。乗り心地はN-BOXほどのしっとりさはないものの、十分ショックが抑えられてるし、マイルドハイブリッド付きのパワートレーンは速さ十分。大人一人と荷物をラクラク運んでくれた。

 つまり、マイナーチェンジせずとも十分広くて便利でよくできたクルマなのだ、そもそもスズキ スペーシアは!

 ではなぜ、マイチェンでここまでなりふり構わぬ改良をしたのか? 思うに1つはN-BOXのプレッシャーだ。かつて軽自動車といえば、スズキとダイハツのイッキ討ちでホンダが入る隙間などなかった。しかし今やN-BOXは売れてる! なんてレベルじゃない。ひと月の販売で1000台離されるのは当たり前で、直近2月は完全に倍スコア以上。商品改良を受けたこともあり、N-BOXが1万9000台レベルでスペーシア6900台レベル。圧倒的な販売力の差なのだ。

 そりゃ他ジャンルのヒット作にあやかりたくもなるよな……そう思わされた、N-BOXの異様な快進撃っぷりなのありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す