「UNIQLO」という社名はスペル間違いが発端だったのは本当?

公開日: 更新日:

 UNIQLO(ユニクロ)という社名は「間違い」からできたというのは本当なのか?

「実は、1号店出店時(1984年)のロゴは、UNICLOでした。それから4年後、香港で現地の人と合弁で商品のバイイング会社を設立しようとしたとき、その人が登記する際にCをQに間違えてしまったとのことです。字体をみたら、Qのほうが格好よく、『それなら日本の店名も全部変えてしまおう』と判断し、UNIQLOに変更したのです」

 こう話してくれたのは、親会社ファーストリテイリングの坂口さん。1988年のことだ。

 本来のスペルは「UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE」。ユニーク(独自の)・クロージング(衣類)・ウエアハウス(倉庫)だ。ちなみに、ファーストリテイリングの英語表記も「FAST RETAILING」だから、正しくはファストリテイリングになる。

 また、ユニクロの“あるある”としては、透明なサイズシールのはがし忘れがある(LLLL……といった表示のやつ)。値札の取り忘れ同様、同僚女子から指摘されてはたと気づく、ちょっと恥ずかしい瞬間だ。もう少し目立った方がはがし忘れの防止になるが、これは商品の色が分かりやすいように、あえて透明にしているのだという。

 逆にジーンズなど色が濃いボトムスには、はっきりと見えるよう白地のシールも使用している。

 カジュアルファッションの王道も、意外と分からないことだらけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記