佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

小糸製作所株の買い占めでトヨタにケンカを売った男の言い分

公開日: 更新日:

 この国にはKEIRETSUと横文字にもなっている系列会社の問題がある。清水一行はそのものズバリの『系列』(角川文庫)で、日産自動車と市光工業らしい関係をモデルにこれを描いている。

「東京自動車」系列の「大成照明器」で、工場の独身寮にクーラーを入れようとした。それに銀行出身の専務が反対する。

「たとえ入れるにしても、東京自動車の関連会社対策室におうかがいを立てなくちゃ。多分贅沢だって言われるでしょう」

 こうしたことでいちいち「おうかがいを立て」ないと、合理化不足のネタにされるのである。

 世界の注目を浴びたのがトヨタの系列の小糸製作所の筆頭株主にブーン・ピケンズ(2019年死去)率いるアメリカのブーン社がなったことだった。1989年春に発行済み株式の2割から3割近くも保有され、小糸およびトヨタはあわてる。

「日本の大企業は株主に対してアロガント(傲慢)ですね。下請け業者や流通業者、金融機関、さらには政府にまで影響力があるものだから、株主など、まるで召使いみたいに扱われがちです。日本では消費者物価が国際水準よりはるかに高い。従って企業利潤も大きく、株主への配当も多いはずなのですが、そうではない。本当の自由競争が行われている市場社会では、こんなことはあり得ません」 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す