米国株「経験則」に反して大崩れ…投資家がすべきことは?

公開日: 更新日:

 米国株がひどいことになっている。それも、いつもと様子が違う。これは相場の転換点かもしれない。

 あらためておさらいしてみると、1月27日のS&P500指数は4326ポイントで、年初である1月3日の史上最高値4796から10%の下落だ。ハイテク株比率が高いナスダック総合指数は1月27日1万3352ポイントで、昨年11月19日の最高値1万6057ポイントから実に17%強の大幅下落である。

 米国株の大幅下落の理由は言うまでもない。米国FRBが、インフレを抑制するため、現在の事実上のゼロ金利政策をやめ、金融引き締め(利上げ)をこれまでの想定よりも急速かつ強力に行うのではないかという警戒感から生じている。

 金利と株価は反比例するもので、金利が上がる場面で株安が起きることは何も珍しくない。しかし、今回はちょっと様子が違う。タイミングが早すぎるのだ。多くの日本の市場関係者も「利上げの悪影響が出るのは早くて春先からと思っていた」と驚いている。

 どういうことかというと、市場には「初回の利上げは買い」という経験則が存在するのだ。利上げは、景気の過熱が引き起こすインフレを抑え込むために行われる。しかし、見方を変えると、景気の過熱は悪いことではない。不景気よりはずっといい。そこで最初の利上げ時期には、足元の景気の強さが再認識されたとして、株価は上がることが一般的なのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に