度重なる苦難を乗り越え…「創業100周年」を迎えた1334社から学ぶべきこと

公開日: 更新日:

 2022年、各シンクタンクが打ちだした日本の実質GDP成長率は大和総研+4.0%、第一生命+2.9%、三井住友DSアセットマネジメント+2.9%。各社とも昨年を上回る好景気を予想し、久方ぶりの明るい新年を迎えられそうだ。

 一方、昨年末から新型コロナウイルスの新たな変異株が次々と現れ、第6波の感染拡大が指摘されるなど、コロナ禍による経済への影響が危ぶまれる。実際、昨年の新型コロナによる経営破綻は全国で2646社(昨年12月24日現在)と前年の2倍を上回っていた(東京商工リサーチ調べ)。まさに昨年はコロナ禍の影響で日本経済は深刻な打撃を受けた一年だった。

 こうしたなか22年に創業100周年(1922年創業)を迎える企業が全国に1334社あることが判明した(同社調べ)。100年前といえば創業翌年は関東大震災に遭遇、その後も第2次世界大戦、世界恐慌、石油ショック、バブル崩壊、金融危機、リーマン・ショック、そして2011年の東日本大震災と幾度も苦難をくぐり抜け、そして直近の新型コロナ禍も乗り越えて現在に至っているのである。そこには現在の企業が学ぶべきものはあるはずだ。東京商工リサーチの友田信男情報本部長が語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  2. 2
    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

    ソフト3.5億円右腕が今季絶望 “給料泥棒”助っ人が減らない元凶は日本のザル身体検査に一因

  3. 3
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  4. 4
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  5. 5
    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

    「ナンバ兄弟」間宮祥太朗&満島真之介は来期ドラマも“全開バリバリ” 早くも膨らむ続編期待

  1. 6
    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

    3年前から「セーラー服乱交パーティー」60回も…29歳ケダモノ中学教師が女子高生と淫行

  2. 7
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  3. 8
    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

    (3)日本維新の会には「政調会長」が2人も…言うことバラバラで不仲という“特殊な体制”

  4. 9
    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

    マンション管理人を「何でも屋」と勘違い? 逆切れするモンスター住民の実態

  5. 10
    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す

    今後は大谷翔平が狙われるこれだけの根拠…トラウトへの危険球が伏線の大乱闘で遺恨残す