<6>「老後の沙汰も金次第」を痛感…“夢のような生活”を手に入れた元同僚に嫉妬する

公開日: 更新日:

 人生100年時代の“ついのすみか”探しに奔走する遠井安男(仮名)。かつての同僚だった近野高夫(仮名)がシニア向けマンションに買い替えたというので、どんな住まいか訪問してみた。

  ◇  ◇  ◇

 現在75歳の遠井は、40年ほど前に埼玉県熊谷市郊外に建売住宅を買ったが、近野もほぼ同じ時期に都心近くの新築マンションを買っている。遠井の一戸建てはいまや建物価値はゼロで、査定価格は土地の値段だけの700万円。それに対して近野が買ったマンションは立地の良さもあって1億円近くで売れ、それをもとに房総半島に立つ新築のシニア向けマンションを購入したというのだ。

 わずかな選択の差が、40年経って天と地ほどの差に広がってしまった。今回の見学で、その現実をいっそう思い知らされることになる。

 訪れてみると、白砂の海岸に立つ、周囲を緑に囲まれた高級感あふれる超高層マンション。エントランスはホテルのロビーのような豪華さで、フロントには若い女性のコンシェルジュがいる。シニア向けだから、完全バリアフリーで、健康管理体制なども充実している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか