杉村富生
著者のコラム一覧
杉村富生経済評論家

1949年熊本県生まれ。明治大学法学部卒業。軽妙な語り口と、分かりやすい経済・株価分析などに定評がある。ラジオNIKKEI「ザ・マネー」にレギュラー出演。著書は「これから10年 株で『1億』つくる!」(すばる舎)、「株長者が絶対にハズさない『売り』『買い』サインはこれだ!」(ビジネス社)など多数。

11.26のカラ売り比率は51.4%に 株式市場を襲った「オミクロン・クラッシュ」の正体

公開日: 更新日:

 いや~、ひどい相場である。11月26~30日(シカゴ先物・CME・夜間取引を含む)の株式市場は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」に直撃された。クラッシュに近い。先物主導の暴落だったとはいえ、マーケットは何に怯えたのだろうか。

 11月26日の日経平均株価は748円安、NYダウは905ドル安と大幅安を演じた。感謝祭の休日(25日)、半日立ち会い(26日)に伴う市場参加者の少ない局面を狙った投機筋の暗躍があったと思う。

 27日のCME先物は1435円安の2万8025円、28~29日の夜間取引では940円安の2万7850円の安値まで売り込まれた。26日のカラ売り比率は51.4%だった。異常な数値である。

 市場関係者は「現物と先物が逆ザヤとなり、裁定解消売りを誘発した」とか、「9月末の配当金の再投資に絡む先物買い→先物売り、現物に切り替える動きがあった」などと解説するが、パニックに陥るほどのことではないだろう。

 伏線はWHO(世界保健機関)の声明にある。11月23日、WHOは「欧州では2022年春までに新型コロナの再流行によって、新たに70万人が死亡する」とコメントしたのだ。追加の感染拡大対策を求めたとの見方ができる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”