佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

ミサワホーム合併事件でトヨタの奥田碩をグサリと刺した三澤千代治

公開日: 更新日:

 私が経済誌にいた1980年代からの知り合いの三澤千代治はミサワホームの創業者で、「履歴書に失敗欄がほしい」などというユニークな経営者だった。だからミサワホームは辛口と言われる私がほめる数少ない会社だったのだが、その三澤から憤慨した様子で電話がかかってきたのは2005年の春だった。トヨタに卑劣な方法で会社を乗っ取られたというのである。しかも、どこもそのことを書いてくれない。それで私が関わっていた『週刊金曜日』の同年4月15日号でインタビューした。同誌は広告のない雑誌なので、トヨタの影響力が及ばない。

 その時点でミサワは120万戸を竣工していたが、トヨタホームは6万戸に過ぎなかった。

「トヨタホームの役員がトヨタホームに住んでいないんだもんなあ」と三澤は嘆いていた。それでトヨタはミサワの乗っ取りを図る。

 1997年に東海銀行頭取の西垣覚に「三澤さん、トヨタホームと合併してくれ。私の顔を立ててくれ」と言われた。株式を50%トヨタに渡してほしい。それがダメなら業務提携してくれ、と頼む。

 断ったら、2003年10月に当時、金融担当大臣だった竹中平蔵が設定して、経団連会長のトヨタの奥田碩に会わされた。経団連会長室でだが、そのころ竹中の兄がミサワホーム東京の社長で「平蔵がそこに行くと職務権限違反になるから行かない」と言う。平蔵からも「明日行ってください」と念押しの電話があった。そして、経団連会長室である。世間話の後で奥田が社名をトヨタホームにしてくれと言う。三澤は「60歳を過ぎて婿に行くような話は困ります」と否定する。それで険悪になった。気まずい沈黙があって、三澤は「奥田さんは1年に何人、人を殺しているんですか」と尋ねた。奥田は答えない。

 トヨタの最高責任者が、交通事故で何人死んでいるかということに意識すらないとはひどいと、三澤は思ったという。

 それで、「1万2000人の死者でトヨタは1兆円の利益をあげているんですよ」と迫った。

 当時の世界の交通事故死亡者のうち1万2000人がトヨタ車のシェアに相応すると三澤は指摘したわけだ。

「夜にセンサーが働いて、障害物があるとブレーキがかかる装置があります。最高速度を抑えるスピードリミッターもある。しかし、トヨタの年間生産台数700万台に装置すればトヨタの利益はすっとんじゃう」とも言った。

 奥田は「自動車産業を人殺し呼ばわりしやがって」と激怒したらしい。

 その後、トヨタの圧力で銀行が、ミサワホームが支援して三澤が会長をしている環境建設への融資を打ち切る。

 そしてミサワホームは産業再生機構に放り込まれた。三澤によれば、2004年12月に奥田が「ミサワを再生機構にやればいい」と発言し、その翌年の1月からマスコミは三澤のトヨタ批判を取り上げなくなった。電通のプロジェクトチームがマスコミを止めたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”