佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

美々卯の薩摩社長は労働組合が嫌いだから東京美々卯を潰したのか

公開日: 更新日:

 東京は京橋にあった東京美々卯が閉鎖になり、この解散が労働組合を嫌う美々卯(社長、薩摩和男)によるスラップ訴訟であるかどうかが争われている。

 うどんすきの東京美々卯には何度か行ったが、大阪から進出した美々卯は全国一般東京地本に加わっていた東京美々卯の労働組合が嫌いだったらしい。

 東京美々卯の社長、赤松健治に引き立てられて後継社長となった武田巻人が最近、大阪地裁に出した陳述書で、こう指摘している。

「いまにして思えば、2015(平成27)年の定期借家契約への切り替えも、薩摩和男氏が将来の再開発を見据え、京橋店を追い出しやすくするために準備したものだったのだと思います。またそれ以上に組合嫌悪が根底にあったのは間違いありません。赤松社長を名古屋に『異動』させようとしたときも、新橋店閉鎖問題のときも、組合が立ちはだかって思い通りにならないことから、そのような組合がある東京美々卯はいずれ解散させたいという目論見をもっておられたのだと思います」

 ロングセラーから一時またベストセラー入りした『ルワンダ中央銀行総裁日記』(中公新書)の著者、服部正也は、いわゆる日本的経営がもてはやされていたころ、強い労働組合を相手に経営しているイギリスの経営者の方が、日本の経営者より格段に優れていると話していたが、その通りだろう。この国には、労働組合と聞くだけで横を向く経営者があまりに多い。しかし、組合を大事にする感覚と客を大事にする感覚は同じなのではないだろうか。働く人間を大切にしない経営者が、味わってくれる客を大事にするとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”