小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

割り切り命! バイク以上軽未満のトヨタC+pod(シーポッド)はいつ売れ始めるのか?

公開日: 更新日:

トヨタ C+pod(車両価格:\1,650,000/税込み~)

「バイクと軽の間の、より身近な乗り物を目指しております」(開発担当エンジニア倉知晋士さん)

 昨年末から法人や自治体向けに限定発売されているトヨタ初の超小型モビリティ、C+pod(シーポッド)に初めて公道試乗ができた。

 国交省が軽自動車枠の中に「超小型モビリティ」という枠組みを制定。それに合ったカタチで試験的に発売されている。一般販売は22年からで、走りの実力が気になるが、実は求めてはいけないのは「速くてカッコ良くて質感が高いこと」

 型式指定車の枠組みは全長2.5m&全幅1.3m以下と決まっており、定員2名で最高速時速60km。高速など乗らない、飛ばさない、大人が横並びで乗るだけの軽より削ぎ落としたクルマなのだ。

 今まで以上にエコで無駄がなく、急な判断を必要としない高齢者に合った穏やかなクルマ。既存の軽でもリッパ過ぎるし、スピードが出すぎる! という認識から生まれた能力を削ぎ落としたEVだ。

馬力は普通車の10分の1程度

 正直見た目はかなりショボい。外板もほぼ樹脂でいかにも軽そうだし、必要最低限でできている。

 乗って驚くのは、ドアの軽さで、パワーウィンドーはなく、手動の小窓が付いているのみ。充電ポートにはロックも付いてないが、原付バイクに毛が生えたような存在だからそれでいいのだ。

 モーターはプリウス4駆用のリアモーターを改良したもので、最高出力12.5馬力だから普通車の10分の1程度。ただし車重わずか690kg(Gグレード)だからそれなりに走るし、なにより時速60km出ればいい。

 乗り心地は悪くもないが特に良くもなく、路面からの音も結構入る。ステアリングフィールも特別シャープではない。だがそこがいいのだ。飛ばす気にならないので。

エアコンすら省いた「X」なら165万円!

 最大の注目点は価格で、廉価なエアコンすら省いた「X」が165万円、今回乗ったエアコン付きの「G」が172万円弱。補助金を入れると150万円以下で買えるというがまだ高い。ぶっちゃけ、普通の人ならもっとデカくて立派な軽を買うだろう。

 だが仕方ないのだ。シーポッドは前述モーター以外はプラットフォームから新設計で、時速60km以下とはいえ衝突安全も配慮しているから、時速40kmでのクラッシュテストをクリアしなければいけないし、被害軽減ブレーキも標準装備。結果、普通の軽以上に高い値段になってしまう。

 ぶっちゃけ現状では買う人はあまりいないだろう。性能の割に高いし、普通は軽を買うからだ。

60万円で買えれば絶対に売れる!

 ただし数10万円だったら買う人はいるはず。自分に免許返上寸前の両親がいてクルマがないと不便な環境ならば、コレを薦めるだろう。スピードが出ないぶん安心だし、運転しやすいし、人を危める可能性が減るからだ。

 問題はハッキリしている。最大のネックは価格と補助金的仕組みである。元値100万円で補助金込みで80万円、いや、なんだかんだで60万円で買えれば絶対に売れる。

 問題はどうやって世間に普及させて、価格破壊を引き起こすか。超小型モビリティの魅力をいかに広めるか。

 難題は山積みだが、意義ある超小型EVではあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”