今や“お宝”ではなくなった新規公開株 意外とリスクが高い理由

公開日: 更新日:

 個人投資家に人気が高い新規公開株(IPO)は、必ず儲かるといわれてきた。上場前に取得できれば、上場日の「ご祝儀初値」で売却して利益を得られる可能性が高いからだ。

 しかし近年、状況が変わってきた。IPO株の初値と公開価格を調べてみると、18年は勝率89%(上場90件80勝9敗1分)、19年は勝率86%(90件77勝12敗1分)、20年は勝率75%(93件69勝23敗1分)。そして今年は足元で84件上場し勝率は92%(77勝6敗1分)である。意外に多くのIPO株の初値が公開価格割れしているのだ。どのようなIPO案件で初値が公開価格割れするリスクがあるのか。

①東証1部上場案件 18年以降で17件あったが、半数以上の10件(59%)の初値が公開価格割れした。大型案件ゆえ大量の初値売りが出てくるのである。ポピンズホールディングス、フォーラムエンジニアリング、さらに今月14日に上場したPHCホールディングスなどが該当する。

②再上場案件 11年以降で18件あったが、これも半数以上の10件(56%)の初値が公開価格に届かなかった。再上場は大株主の投資ファンドの利益確定イベントという意味合いが強く、売り出し株数が公開株数の100%(つまり公募株はゼロ)という案件も多い。また、かつて業績悪化で上場廃止した経緯もあり銘柄の印象が良くない。該当銘柄はローランド、雪国まいたけ、ナルミヤ・インターナショナルなどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに