佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

自民党を応援しながら護憲を唱えた平田牧場創業者・新田嘉一の企業家精神

公開日: 更新日:

 同郷の身びいきで言うわけではないが、山形県酒田市が本拠の平田牧場の創業者、新田嘉一は企業家精神に満ちている。冒険性、社会性といった企業の原点を新田は教える。

 平田牧場の三元豚はコメを食う豚として有名になった。コメ余りが騒がれた時、それを飼料としたのである。それだけでなく、中国黒竜江省の求めに応じて、トウモロコシを輸入した。トウモロコシは中国人にとっては日本人にとってのコメのようなものだが、日本の豚のエサにするほど収穫できるのか? そう心配する新田に黒竜江省は大丈夫だと答える。しかし、それをどう運ぶか? 新田はとてもムリだと考えられていたハルピンから酒田へのルートを開拓した。当時のソ連(現ロシア)、中国、そして日本がからむ話を、新田はねばり強く推進した。

 新田の中国への関心はその平和思想にも由来する。自民党を応援しながらも新田は「9条の会」に入って護憲を唱えているのである。1933年生まれで「戦争はみじめさしか生まない」ことを骨身にしみて知っている新田は、この憲法を変えようなどという人間はおかしいとまで言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣